Blog

2021.11.04 Thu

十一月



いやはや。


10月も後半

日増しに寒さも身に染みる時期に
なってまいりましたが

日中は時より暖かくもあり

今年は、今年こそは
秋らしい秋を感じたい所存ではありますが
皆様はどうお過ごしでしょうか。




最近は
コロナのニュースも減り
感染者数も減り
ワクチン接種も終え、
いつもの日常への兆しが
ほんの少し見えてきました。



しかし



一寸先はなんとやら……



まだまだ気は抜けないですが
感染予防対策をしっかりして
遠出や観光、遊びに出かけている方が
増えて来ていますね。



そんな私も
今年は10月の中旬でしょうか。


羽目は外さず、羽を伸ばして

愛知県は西尾市、

三河湾に浮かぶ離島。


” 佐久島 ”


へ行ってまいりました。




いやあ、

去年は直島へ行ったのですが
あまりにも良くて

あのなんとも言えぬ感覚を
もう一度味わいたいと思い
近場で丁度良い離島探していたところ
佐久島を見つけたわけです。



それも
学生の頃に行った
猫展の猫たちの写真が
めっちゃめちゃ自然体で
とてもよかったのですが

その写真を撮られていたのが


” 岩合光昭さん ”


という方で、


最近、
その方が監督をされた
ねことじいちゃんという映画をHuluで観まして
その舞台こそが佐久島なんですね〜

 



 

 

これは行かなければいけないという
謎の使命感に駆られ
行くことを決意しました。



因みに名探偵コナンの
1番好きなわけではないですが

1番観た(2桁は見てる)
天空の難破船っで赤いシャム猫に
コナンくんが飛行船から落とされて
怪盗キッドがハングライダーで助けて
降り立った島も佐久島です。



因みにこれは全然いらない情報です。




10/12 4:00 AM


ワクワクして眠れなかった。



必要なものが無くて買いに出かけたコンビニ。



前日の夜中から始めた準備が仇となり
気付けば四時。



ちょっと蒸し暑い。




佐久島行きのフェリーがめちゃくちゃ少なくて
名古屋に十時までには着かなければ
滞在時間が短くなってしまう。


服部天神発、六時三十分の電車に乗りたい。


つまり寝る時間がない。

最悪なスタート。



とはいえ一人旅なんてこんなもの
いつ寝ようが眠たそうが自由!





6:15 AM


気を取り直して出発。


優柔不断を無視してというか許容して

1泊のくせに3泊分程の荷物を詰め込んだ
スーツケースをゴロゴロしたい気持ちも詰め込んで

朝の静寂を邪魔せぬように
持ち上げて向かう。



既に腕は死亡。



電車に乗ったはいいが
夜中に磨いた革靴の紐を通すのを忘れて
電車の中で通す。



「 阪急って揺れすぎじゃない? 」



片一方は諦めて
京都で結ぼうと決断。



六時半で結構人が乗っていて
朝早くからご苦労様と深々く敬礼。


とは言いつつ
ちょっと優越感が顔から漏れてしまった。
いや、かなり。



マスクで良かった。
マスクに深々く敬礼。ありがとう。



そして京都につき
無事にもう片方の靴紐も結べ
やっと落ち着けました。



そして京都行きの電車を
待っている間に地元の友達に会いました。



これは本当にどうでもいい話です。



京都から新幹線で名古屋まで新幹線で
30分らしいですよ。


早くないですか?



京都から名古屋まで30分なのに
名古屋から佐久島まで
二時間以上かかるんです。


電車に地下鉄にバスに船。
どんだけ乗るんだってくらい
乗り換えました。



しんどかった〜〜〜。

移動時間苦じゃない勢なんですが
流石に乗り換え多いのキツい。

一本も間違えれないのヤバい



でも、
名鉄ってのがありまして
それにずっと乗ってみたかったんですよ
名古屋鉄道ですね。



なんかとても
テンションがあがりました。



特に思い入れは無いんですけどね。



まあ、
佐久島着くまでに
どんなけ書くんだって話ですよ。



今回も長くなりそうですね、
もう長いか。



佐久島までフェリーで
15分ほどなんですけど

直島に行った時すごく豪華な船で
船の上で風を浴びるのがめちゃくちゃ気持ちよくて

その感じを想像してて
佐久島行きは船は小さかったんですけど

気持ちいだろうなと思って
上にでたらめちゃくちゃ速くて
風と潮がヤバすぎて

通称潮風なんですけど



もうすごいの何の
息できないし
全身の毛という毛が逆立ち
全身ベットベトになりました、、



想像の三倍くらい速いんですよ。

 


なんか
結構なトラウマになって
船の上に出ている組でちょっと絆芽生えましたもんね。



いざ佐久島に着きましたが
実は特にすることないんですよね。


のんびりしたいだけなので、



佐久島は猫島と呼ばれていますが
一応アートでも有名ではあります。


まあ、アートというより
フォトジェニック、映え的な扱いだと思います。



とりあえず自転車借りて
アートを見て回ろうかと。


佐久島は大体ディズニーランド3.5倍ほどで
その内の80%以上が里山で
信号機もなければコンビニもない小さな島なので、自転車で回り切れちゃいます。




まずは船を降りてすぐの
カモメの駐車場。


風を見るための装置みたいです。


なんか
佐久島では風に呼び方があるみたいで、

東の風は”こち”
南の風を”まぜ”

って呼ぶらしいです。




和歌などで東風の事を”こち”って読みますが
それと関係しているんですかね、

“まぜ”は聞いたこと無かったです。



次は
松岡徹さんの作品です。

有名な方ですね。


” 月へ行きたい ”


という絵本も描かれています。

宇宙にハマっている頃に買いました。




後はここですね。

佐久島といえば!という場所ですね。




一応
コナンくんの伏線回収しておきますね。



ここはやっぱり人が多くて
なかなか写真が撮れませんでした。



あの、因みに写真全部
1人で撮ってますからね?!


勇気と度胸を褒めていただきたい。



とまあ、実はこれくらいしか回れてないんですよ。



島の反対側に行く道路が工事していて
行けなくて
しかも猫たちもそれにビビって
一匹も会えなかったんです!!!!!



おかしい!!!



何が猫島だ!!!!



近所でも二、三匹は見つけられるぞ!!!



悲しい。



船が到着したら猫が出迎えてくれるって言うのを楽しみにしていたのに。



まあ、ですが
スタンプラリーとかもあり
1人でも楽しめたので良しとします。




17:00 PM



ちょっと早めに帰還。




どうしても名古屋駅に早く帰らないと
行けない用事があって、


ぴよりんって知ってますか?


名古屋コーチンを使った
ひよこ型ケーキなんですけど
一瞬で売り切れるらしいんですけど

どうしても食べたくて
佐久島よりぴよりんって感じで帰ってきました。


めちゃめちゃ可愛いでしょ。



めっちゃ柔らかいんで
ぴよりんチャレンジって言葉があるくらい
持ち帰る時に潰れやすいんですが
無事に持ち帰ることに成功しました。



因みに味は全然覚えてないです。


でも多分美味しかった!!!!




19:00 PM



晩御飯の事写真見返すまで
何食べたか覚えてなかったですが

まるやのひつまぶし食べました。

 

 




表面はパリパリに焼かれていて
中はふわふわ。



薬味も出汁も最高。



ひつまぶしって高級ジャンクって感じ。



焼肉食べ放題行ける値段ですけど
全然払う価値ある。


今までの鰻は多分鰻ではない。


深く敬礼。



ちょーーー美味しかった。
また食べたい。



これにて1日目終了。



2日目は
名古屋市科学館行って
世界最大のプラネタリウム見て
名古屋城行って
五平餅食べて
矢場とんで味噌カツ食べて


って感じだったので省略。



決して書くのがめんどくさくなった訳では無いです。



いやあ、
それにしても楽しかったし
良いリフレッシュでした。

ありがとう愛知!!!

 

 

Resent Posts