Blog

2020.12.01 Tue

Chandigarh

先日、京都新風館にて

写真家ホンマタカシさん、gallery signさん、ジョンスメドレーさんによる企画

「Chandigarh

とゆう展示会に行ってきました。

「チャンディーガル」とは、

建築家ル・コルビュジエが、都市開発をしたインド北部の地名です。

僕もそれほど詳しくはないのですが、

このチャンディーガルの、都市開発で使われた家具が

今世界的に大人気になっているらしいです。


 

自然と共存共闘する普遍的な都市チャンディーガル。

 

 

たくさんの都市開発計画を立てたル・コルビュジエが唯一実現した都市。

 

 

異国の地で、貧困により物が揃わず、地元の職人の技術、伝統工芸と密接することを目的として作られた美しい家具たちを

コルビュジエの従兄弟であり、この計画の船長と言われた、ピエールジャンヌレがデザインしてます。

 

約70年の時を経て、世界中の注目を浴びている

「手仕事の痕跡」

 

再認識し再発見する展示会でした。


ちなみに販売もしているみたいで、

価格は驚愕でした。

 

実際に座ったり出来るんで、座ってみたりもしたんですが

 

価格を聞く前でよかった。


ル・コルビュジエと深い関係のあるシャルロットペリアンのビンテージチェアはrossoにも置いてあります。

 

「手仕事の痕跡」

 

めちゃ良い言葉でした。

 

明日からまた頑張ります!

 

松井

 

 

 

 

Resent Posts