Blog

2020.10.12 Mon

vintage

ビンテージ

(読み)びんてーじ

(英語表記)vintage

 

 

年代もののこと。ただ古いだけでなく、年月を経て程良く味わいがでたものを指し、その代表は、ジーンズや老舗ブランドのアンティークなど。本来は、ブドウに当たり年に作られた上質ワインを意味する。

 

 

最近、ビンテージのメガネを買いました。

1950年代のフランス製でセルロイド素材です。現在は手間とコストのかかるセルロイド素材のメガネフレームはほとんど造られていないそうです。

 

 

 

 

 

昔から古着や風合いがあるものに惹かれていました。

 

 

 

学生の時に真新しいスニーカーがやけに恥ずかしく感じたり、

 

 

 

キレイで人工的なものに、最初はよく感じてもすぐ飽きてしまったり、

 

 

 

逆に使い慣れたバックや財布に愛着が湧いたり、

 

 

 

何かしら感じることはあると思います。

 

 

 

rossoのある建物は、340年前のもので、あのサイズの鉄筋コンクリートで作られた建物は今では新しくはなかなか造られないそうです。(マンションなど以外のサイズの小さい建物は鉄筋コンクリートではなく、大体が軽量鉄骨構造で作られている。)

 

 

 

rossoにも、何十年も前のアンティーク家具をたくさん置いています。木製なのですが、今も残っているアンティーク家具は、木の材質が全然違います。1度持ち上げるてみると違いがわかります。

 

 

 

共通してるものは、

本当に良質で完成されたデザインのモノは何十年経っても、やっぱり良い。

 

 

 

本当に良いモノは、量産されない。

つまり手間暇がかかり完成までに時間がかかっている。

 

 

コストや効率に左右されず、作り手の納得できるものだけが商品として市場に出る。

 

本当に良いものだけが、世に残り名品と言われる。

 

 

 

「本物」とは「本当に良いモノ」

 

 

 

なんじゃないかなと個人的に思います。

 

 

 

インターネットや時代の変化によって便利になっていく世の中に、

 

安価で粗悪なものでない商品が簡単に手に入るこの世の中に、

 

量産された商品を安価で量産的に消費して行く世の中に

 

少しの疑問を持ちながら、

 

 

自分達が本当に良いと思うモノを

 

手入れをしながら長く使って行く事がいいなと思いました。(究極のエコだと思う)

 

 

僕たち美容師は、お客様のヘアデザインを

さすがに、何時間も、もしくは、何日もかけて髪の毛をするわけにはいかないです。

 

でも

例えばカットの1時間、お客様のヘアデザインをするまでに、何時間も何年も練習し経験しトライアンドエラーを繰り返したのちの1時間であって

 

その過程でどれだけの経験とアップデートの積み重ねで

 

その長さや量感の設定

スタイリングのアドバイス

その時の気分を読み取り、今のトレンドを踏まえて、パーソナルに提案する

 

とゆう事は

 

「本当に良いモノ」に近いものがあるんじゃないかなと感じています。

 

 

最近アシスタントのレッスンを見る機会があり、積み重ねをたくさん感じます。

 

 

これからもお客様に

限られた時間の中でこれまでのベストを毎回アップデートする為に、

 

僕自身もまだまだ

ひとつひとつ

丁寧に積み重ね

そして積み上げていきたいと思います。

 

 

 

あ〜

本物になりたい!

 

 

 

松井

Resent Posts