Blog

2020.09.29 Tue

窮鼠はチーズの夢を見る

 

こんにには。

今回のブログは映画をみたよシリーズです。

【窮鼠はチーズの夢をみる】


同性愛の恋愛映画です。

関ジャニ∞の大倉君と成田凌のラブシーン多めの映画です笑

簡単にいうと、男の子がだんだんゲイによってゲイになっていく映画です。


まず映像。

あのシーンが…激しすぎます笑笑

室温、体温、肌、汗、呼吸。

じっとり、ねっとり感がスクリーン越しに伝わってきて、リアルすぎる。。

ずっと、目を隠してました笑

横の高校生も同じ格好をしてたのが恥ずかしかったです。

昔は激しい映画の描写も割りとあったように思いますが、近年はすっかり減ってる印象。

免疫が下がっている上に、BL系は刺激的過ぎました。

 

ストーリーもめちゃくちゃ繊細で、、

セリフじゃなくて、タバコが物語の進み方を暗示してたり。

カールスバーグのビールが二人の関係をつくったり。

フランス映画の字幕に意味があったり。

クセの強いキャラクターのアンサンブルでもはや、人間賛歌にも思えるような映画でした。

言い過ぎか笑笑

でも、ナラタージュの脚本の人が描いてるので、ただのBLではなかったです。

失恋ショコラティエとか好きな人は同じ味がしますよ!


 

窮鼠猫を噛むってありますよね?

追い詰められると弱者が強者にかみつくみたいなやつ。

「窮鼠はチーズの夢を見る」は、追い詰められればられるほど、好きな人のことを考えてしまうという意味らしいです。

なんか、可愛くないですか?

 

今までミニシアターではBL系の映画はあったんですが、全国系でここまでの描写をしかもメジャーな俳優で作られたことにビックリです👀‼️

 

時代が動いてますね笑笑

 

気になるなって方は、ちょぴっと覚悟がいりますよ。

存分に楽しんで下さいませ笑笑

 

  1. それでは。次のシアターで…

Resent Posts