Blog

2016.04.08 Fri

グザヴィエ・ドラン

最近見た映画、本のなかででいちばん良かった作品を紹介します。

 

グザヴィエ・ドラン監督

「私のロランス」

 



グザヴィエ・ドラン

1989年、カナダのケベック州モントリオールで生まれる。父親は俳優のマヌエル・タドロスである。幼少期より子役として映画やテレビ番組に出演する。
2009年に『マイ・マザー』で監督・脚本家としてデビューする。同作は第62回カンヌ国際映画祭の監督週間で上映され、20カ国に売却された。
長編映画2作目『胸騒ぎの恋人』は2010年に第63回カンヌ国際映画祭のある視点部門で上映された。長編映画3作目『わたしはロランス』もまた2012年の第65回カンヌ国際映画祭のある視点部門で上映され、クィア・パルムを受賞した。
2013年の『トム・アット・ザ・ファーム』は第70回ヴェネツィア国際映画祭のコンペティション部門で上映され、国際映画批評家連盟賞を受賞。2014年の『Mommy/マミー』は第67回カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞した。

 

最近、大注目の「美しき天才」と称される映画界の新星グザヴィエドラン。

とにかく映像が綺麗です。

元々映像がきれいな映画は好きで、

普段はモノクロの映画や、色温度の低い色調の映画をよく観るのですが、

知り合いのヘアメイクさんに「めちゃくちゃ色を使っているのにうるさくない」とおすすめされ、、、

 

カラフルだけどpopじゃない、可愛いけど幼くなく、不思議な感覚に誘い込まれる映画でした。

 

一つ一つのシーンをとっても色使いが独特で、

ヒロインのヘアスタイルがレッドオレンジが素敵すぎて、

この映画を見たあと、staffの髪色はレッドオレンジに、雑誌の撮影にまで影響を及ぼしたことはいうまでもないですねw

やはり春は色をたくさん使いたくなりますね!

ファッションもヘアカラーも色を使ってたのしみましょー!

松井

 

 

Resent Posts