Blog

2016.07.31 Sun

ダリ展

 

先日、ダリ展を観に京都市美術館に行ってきました!

 

 

ßP å}³œc’hQóIn^/ƚ‚ŽÁ ¼–‰¹2£¡ó8àõ Þá¡èZú݃A!•DáÁ÷8ÿš‹ŠŽ¯òk¥jrÉ=„‡NԌò…‰Éãªäý$­8ú©GgÞEéÓÝlÏÿÒÉ'+5íĀã ݓÏå˜ícä89^s˯çVD¶ü›ÂZæöàÛ#VóñHÿ-`ôŒ¶Hˆ¿)®;‹ªJ°­¼ÒÏ%½¤R‡¸’!ä:À'º'Ûÿ¦¬Â­´’”šÛüøˆÁ:]Ɠ}} ݞ§5ެТnñ#Æ?T±„áIñ·ïVœ±œ"ã(¨ãû;ßÅíj4ÞÏrꆹthS‘€qŸ1å÷ÒîíZk×Ò̽Œ¶ÒIung$/*®æpwû"LýoÃd%Q×kV®ì´ü„|ÑcÓ­mìí"··,`Œ~¬»´‡‘âbďNkY¹Jß%‰Q=¥TÐÁ¾Íó~OÕCøŠ£?²[jdÿc°ýö¥b‡ì¸Wÿ–‡H·oêOúC1‹Y3{®Iëzúía2û0_Wûä4‡?–j«HÍßsk)‰ÕÕ¾sŒ´ ahD7‘2lPI#è°ãøÐ4‰XP±;_9è_SPt ±¶’ÝGŒÔR&‘ “ÅÝ10]ºûéì2Z.ô#t‚>êŠMI*FTðN½à!”x±å:Ó)Ø4ÐI.¢¸Mñ6ìuÇx4Ì.ÀŒÍDÉCmæ¸È=TþF¡)‘¤Ž6Ȍm¨Òˆ…‰žzùæ£!$:“w{¼ê$Al#”•wxõϺÿÓń«óRÍÖY=p£ñ5ÌhÔ·¸ñ<ª_¾Oá+¤Í1¦o¹@ÊëÍ/$DZ”×=…Ï4°ÜÇ<— ‚¡Iceñ4ŽÀ!ÝôTsšh%$ÒW20Œ Õª¨<ø@ûøª¤üÆD”4ŒaàªêUÀe=Tò &è'–ÂÀ’M´D‘´’‹Èôéҏi/6JDØV8ÑcBF€E€UI¶íŒ‰ÔŒ!îËós3z yÿùYºŽ±rX§¶·¹X„˸C"M¹ÐåOÙY¡7}1üEMB‘‚¡êÌzŒôÏÙGY(v1§ÆÀÀぜ~tu ÉW]˜t…d“+¿3é×Ύ¦&µ`K-Š®sž Š:Ë=%’„Bð=hk CiÇ2F­t¬sÇ®zÑÖÃDÈne¡#ë¨çîþTT“#8W¨ÅB#΁— ÈêO¦jYÍnÇ&3»^}2`d“á"˜ûæ¦}hÿÔĦ}‘[¡Û–@¿ˆþ5ÎksRߑ»‚}Õ(6j}“ˆÃÙû5=Y‡ûä·çN©ÞFҚȸþ±ËªLmÝlÖdT[•à¤<‘´µ™ÿÅ[!Ù(-ZµW»÷…w{ô;mrÚYVõ퍡Á¸o07çÀ~¯Ñü(Ï,rKN­_Z†ŠkêšÈÑe£c­yc9¥h–òqùW£HZD‡™—&&ðH uøSÄVˆZdvÍ4ýà]ÂB7³süjÉ6"Ap¶eUCž. MaQ‚C{²p:œ‚2~4-’¼ÄÜÜ<d&‘ÇAÍR!™/GX²Gµ¿4‰–RpWZb¹PkÖà–ÎE¿ë-с}ˌ7ÙŠcÊ7(>>ÿwF¶JtÿŽ_—þiðÜ×¼uZ• –nËc;z°p¬]W(ӄ“¯‡–;h2ZÍ2¬öÊUZPªÎ31”£ÿÌöwz¯OË~){E’ªÇ>—4è G‰ˆV„`ƒÒ¦5‘/¬;ºŠ(B(ö‡"½"²Y#G²Ó®u[H%@ñ³ò„‘ž ò5
 

 

どれも僕の感性を揺さぶる作品ばかりでした
image
これは「メイウエストの部屋」 という作品です。

 

 

赤い壁に2点の作品が飾られ、中央には暖炉。手前にはクッションが置かれていて

ある角度から見ると女優のメイウエストの顔になるという仕組みです

 

image
 

 

 

ダリは複数のイメージや想像を重ね合わせ、今までの絵画作品とは違った手法で描かれています。

 

 

 

なかでも、1番心に残っているのが

一枚の作品の下に描かれていた言葉でした。

 

 

「真の画家は果てしなく繰り広げられる光景をただ一匹の蟻を描写する事に自らを限定する事が出来るはず」

 

 

絵の方は載せれませんが。

 

ダリ展で1番シンプルで、1番考えさせられる作品だったように思います!

 

 

 

興味のある方わ是非足を運んでみて下さい!

 

tomita

Resent Posts