Blog

2017.02.15 Wed

“put down all your weapons “

先日fashion scope 2017ssとゆう美容師さん向けのセミナー兼ヘアショーに参加させて頂きました。

IMG_9639
 

WWD編集長の向千鶴さんのナビゲーターによる2017ssトレンドの解説

 

3人の関西美容師によるトレンドを踏まえたヘアショー

といった内容です。

 

僕がピックアップしたテーマは

「RE-formation」

再構築とゆう意味です。

IMG_9084
今まである定番のアイテム一度解体し再構築する

IMG_9829
特に今年の傾向はズラしたり、切り込んだり

少し力の抜けた感じで隙のあるイメージです。

 

今好きなアーティスト

「sonlux」

 

の音楽と

 

センス抜群のlitmusさんの衣装と

 

アシスタントのとみじゅんと前田さんが見つけてくれた

 

最高のモデルちゃんナルちゃんと

 

いつもうるさい注文をさらっとやっちゃう

 

こもちゃんのmakeで

 

いいステージが作れたと思います。

 

IMG_9809
IMG_9806
 

 

 

 

 

 

「put down all your weapons 」

 

とゆう詩の曲から始まるプロローグ

 

美容師の仕事やファッションの仕事は

 

平和の元で成り立つ仕事

 

1950年代は、戦争の時代で、ファッションやヘアデザインの流行は抜け落ちてしまっています。

 

テロによって世界の平和が脅かされる昨今

 

パリコレでは、緊張感漂う中、平和を裏テーマでアピールしています。

 

 

「武器を捨てよう」

 

 

 

 

IMG_9834

 

 

 

 

IMG_9832
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_9835
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_9836
 

 

 

 

 

 

 

IMG_9837
 

 

 

 

 

 

 

 

 

美容師に憧れた10代の頃

 

美容師になれば

 

普通に雑誌の撮影があったり

 

ヘアショーがあったり

と思っていました。

 

いざなってみると

 

僕の入ったサロンは撮影もなく、

 

もちろん雑誌には掲載されてないし、

 

ヘアショーなんて全くない

 

混沌と続くサロンワークに

 

いつしか慣れてしまい、

 

美容師の現実はこういうものだと…

 

理想と現実は違うんだと…

 

自分が憧れる美容師像にいつの間にか蓋をしてしまい

 

ビジネスの一つ、商売、いわゆる食べていくための手段として仕事をしていました。

 

それから18年

 

ヘアショーをすることも

 

雑誌の撮影をする事も

 

決して簡単じゃないけれど

 

このワクワク感、緊張感は紛れもなく10代の頃に憧れていたもので、

 

ようやくこの歳になって感じれた事に嬉しく思って

 

いや逆にこの歳になってもワクワク出来るとか緊張で手に汗握るとか、

 

幸せなんじゃないかなと思います。

 

いくつになっても、ワクワクできる環境に感謝です。

 

改めて

ガモウ関西さんのスタッフとrossoスタッフと

来場して頂いた美容師のみなさんに

感謝でいっぱいです。

ありがとうございました。

 

IMG_3853top
 

 

off shot

IMG_9810
 

 

 

 

 

 

 

ステージも上手くいって

 

打ち上げも楽しくて

 

 

 

さあ帰ろうと

 

 

 

 

 

IMG_9801
 

!!!!!

 

 

 

京都の洗礼を食らいました。

ちゃんと看板見ようと

思いました。



楽しかったからいいか…

ってスタッフの前では頑張って笑いました。

 

松井

 

 

Resent Posts